3parのストレージ

3parはHPに買収後も着実にストレージ技術を磨いており、魅力的な製品を多数販売してきています。

NAVERまとめの正しい情報はこちらです。

3parの製品はすべてにおいて管理面と速度面で他社製品より大きなアドバンテージがあります。

3parに関連した書きかけ項目です。

アドバンテージの1つめは速度面です。
ストレージ業界はファイバーやiscsiなどの技術で速度面が日々進化してきていますが、重要なことはワークロードが多い場合でも安定的に早いことです。

ストレージが巨大化していくと同時にワークロードが増えています。


ワークロードが増えると全体のデータ転送レートが落ちることが多く問題でした。

そこで3parは専用ASICとXEONを組み合わせてさまざまな環境でもスループットが落ちない技術を開発しています。


この技術によってプロビジョニングも早くなり、全体のパフォーマンスが安定しています。

2つめは管理面です。巨大ストレージの管理は大変です。


障害対応に区域管理、スループット管理など目が離せないという環境も多いようです。

しかし、3parの製品は管理ツールがしっかりしており、管理者の手間を大幅に削減しています。特に障害時の復旧作業ではスムーズに復旧できるように工夫がなされており好評を得ています。



3parの製品は小型化にも成功しており、1Uで500TBを超える容量を実現し、また、SSDへの対応も積極的に進められており、SSDの良さを活かしつつ、安定稼働させるさまざまな技術を積極的に投入しています。